<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

<脱税容疑>シティ元幹部を告発 東京国税局(毎日新聞)

 ストックオプション(自社株購入権)で得た約1億3000万円を隠し、約3000万円を脱税した疑いがあるとして、東京国税局が米金融大手シティグループ在日支店(現シティバンク銀行、東京都品川区)の北出高一郎・元幹部(61)を所得税法違反容疑で東京地検に告発していたことが分かった。

 関係者によると、北出元幹部は05年、実際には日本に居住していたにもかかわらず、海外への転出届を出して非居住者を装い、ストックオプションで得た親会社の株を海外で売却するなどし、所得税約3000万円を脱税した疑いが持たれている。

 また、脱税容疑分を含め、05〜07年の3年間に総額約8億円の申告漏れを指摘されたという。追徴税額は1億数千万円に上るとみられる。北出元幹部は、在日支店で富裕層向けのプライベートバンク部門の代表を務め、04年8月に退職した。ストックオプションは在職中に付与され、退職後に行使した。

 ストックオプションは、あらかじめ決められた価格で将来の一定期間内に自社や親会社の株を購入できる権利。日本では97年の商法改正で導入された。【石丸整】

【関連ニュース】
脱税容疑:クレディ・スイス元部長が1.3億円 国税告発
脱税:マッコリ輸入卸業者を在宅起訴 2年で4400万円
脱税:J&J日本法人の元代表を在宅起訴
脱税:3年間で2億円所得隠しの疑い 大阪の高級クラブ
脱税容疑:ペット業者が5000万円 ネットで販売展開

小沢氏、囲碁ではご機嫌…大盤解説に飛び入り(読売新聞)
幼稚園狙い盗み、男逮捕=「夜人おらず入りやすい」−北海道警(時事通信)
五輪招致の赤字6.9億円に=活動報告書を公表−東京都など(時事通信)
寺島しのぶさん 台本読んだ瞬間「電気が走った」(毎日新聞)
<普天間問題>沖縄県議会の県内移設反対決議 社民党に勢い(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-27 19:27

平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)

 日付に2が五つ並ぶ「平成22年2月22日」にちなみ、南海電鉄は「2」づくしの記念入場券を、大阪市中央区の難波駅サービスセンターで3月12日まで販売している。

 駅名に「2」が付く二色浜(大阪府貝塚市)、二里ヶ浜(和歌山市)両駅の入場券と、日付を大書した記念台紙をセットにした。1セット300円で、限定2222セットを販売する。

 22日は、両駅で記念台紙にスタンプを押して同センターに持参した先着22人にオリジナルグッズを贈る行事もあり、朝から鉄道ファンらが詰めかけた。南海電鉄担当者は「二度とないチャンスを逃さないで」。

<五輪招致>活動報告書 収入不足7億円、電通から借り入れ(毎日新聞)
首相、名護市長と会談(時事通信)
「介護に疲れた」母の首絞める 都立病院職員の長男逮捕(産経新聞)
アパート火災、幼児2人重体=両親は外出中−宮城(時事通信)
<中国映画>道東が舞台のストーリー 北海道9市で上映(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-26 08:08

桜島 「ドカ灰」垂水市に集中 農作物の被害深刻(毎日新聞)

 活発な活動を続ける鹿児島・桜島。昨年は爆発的噴火(爆発)が過去最多の548回を記録し、今年はすでに220回を超えた。被害は北西の季節風の風下にあたる大隅半島の垂水市に集中する。連日のように「ドカ灰」が降り注ぎ、市街地は真っ白。特産のキヌサヤなど農作物に灰がこびりつくなど、深刻な影響が出始めている。【新開良一】

 「連日の灰できりがない」。桜島に近い海潟地区のキヌサヤ畑で、米田(めた)昭穂(てるほ)さん(82)がつぶやいた。かつては爆発の度、送風機で灰を吹き飛ばしたが、昨年からそれでは追いつかなくなった。米田さんは灰まみれのキヌサヤの根元を指さし「触ってごらん。これは土じゃないよ」。黒く変色した灰は一帯を覆い、厚さ5センチ以上はある。素手でつかむとザラザラした感触が残った。

 キヌサヤの実のさやが曲がったり、「焼け」と呼ばれる黒っぽい変色が起きる。傷物は「見向きもされない」ため、廃棄するしかないのが実情という。

 業者の買い取りも以前の半値近くまで下がった。「風評」も影響しているという。今季の出荷は5月ごろまでで、市は「このまま降灰が続くと、収穫量全体の半分を出荷できればいい方」と危機感を抱く。

 唯一の対策はハウス栽培への転換だ。市は農家へ奨励するが、国や県の補助要件が厳しいこともあり、進んでいない。

 米田さんも転換の予定はないという。「ハウスでも灰は積もる。除去作業はできないよ」とこぼす。高齢化が進む地区の農家ではハウスの維持は大きな負担でもある。

 深刻な降灰被害は、桜島南岳山頂火口が活発だった80年代以来。だが後継者不足や少子高齢化が進み、余計に被害は深刻のようだ。

 一方、市は昨年末、灰収集のためのゴミ袋「降灰袋」を10年ぶりに市内全戸に配布した。被害が深刻な海潟地区には2月にも各戸30枚ずつ追加。だが収集は月1回。それまで道路脇には、灰でいっぱいになった黄色い袋が山積みとなっている。道路清掃にも追われ、清掃車(ロードスイーパー)が連日出動、巻き上がる灰煙の中で作業を続ける。対岸の鹿児島市からも応援を受けた。桜島が平穏だった昨秋に比べると、出動回数は4倍近くにもなるという。

 海潟地区を視察した市議は「今、農道を走る車のほとんどは紅葉マークの軽トラ。降灰が続くと作ることをやめる人が出てくるのでは」。関係者は焦りを募らせている。【新開良一】

【関連ニュース】
桜島:火山活動が活発化 1月に爆発的噴火131回
桜島大根:本物の迫力を感じて 東京でコンテスト優勝作を展示
桜島:爆発的噴火が最多
旅:活火山の島を満喫 鹿児島・桜島
県:桜島活動活発化、降灰被害の実態調査へ 対策会議を設置 /鹿児島

漢方薬「保険適用継続」決まる 鳩山首相意向で一転して追い風(J-CASTニュース)
地検の全検事参加・弁護士会は精鋭で…新作戦(読売新聞)
選択的夫婦別姓「絶対に反対」 亀井代表、改めて表明(産経新聞)
英語出会い系で在日女性誘拐 国外から言葉巧み(産経新聞)
<将棋>久保が3勝目 74手で羽生降す 王将戦第4局(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-25 02:51

首相「私は投げ出さない」 石井氏が講演で明らかに(産経新聞)

 民主党の石井一選対委員長は17日午前、都内で講演し、鳩山由紀夫首相と先週末に都内で会談したことを明らかにした。石井氏が「リーダーシップを発揮するときだ」と激励したところ、首相は「どんなことがあっても私は投げ出さない」と述べ、政権運営に意欲を示したという。

 また、講演で石井氏は首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題を念頭に「わが党(の支持率)が後退し、この状態では参院選を乗り切れないと判断した場合は、決然として何を犠牲にしてもこれを乗り越えて国民の負託に応えたい」と述べた。

 同時に、29ある参院選の1人区のうち平成19年の前回参院選と同様に23勝6敗を維持できれば「確実に安定多数を得ることができる」との見通しを示した。2人区については現職のほかに2人目を擁立する方針に変更はないとの考えを示した上で、「労働組合の上に乗っているだけでは力が足りない。幅広い国民層といった総合的な力を取らないと政権は安定しない」と指摘した。

【関連記事】
首相らに不満 確定申告「納税ばかばかしい」
民主党に自浄作用なし!?石川シッポ切りの次は裏金疑惑
鳩山首相「民主党らしさは歯切れの良さ」
混迷深まる普天間移設 各党案提示を先送り
小沢ショック直撃!長崎県知事選で民主苦戦 進退問題再燃も

マータイさん 東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)
渡辺・みんなの党代表、舛添氏らに「新党を」(読売新聞)
<千葉大生殺害>逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え(毎日新聞)
オウム新実被告の死刑確定=最高裁(時事通信)
<無登録営業>FX高配当うたい十数億円集金か 元社長逮捕(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-23 22:15

宮内婦貴子さん死去(時事通信)

 宮内 婦貴子さん(みやうち・ふきこ、本名杉本婦貴子=すぎもと・ふきこ=脚本家)16日、肺気腫のため死去、76歳。静岡県出身。葬儀は近親者で営む。喪主は長女杉本貴子(たかこ)さん。
 山口百恵さん主演の映画「風立ちぬ」や松田聖子さん主演の同「野菊の墓」、NHK連続テレビ小説「いちばん星」などの脚本を手掛けた。 

【関連ニュース】
NHK朝ドラ、午前8時開始に
秋からの朝ドラは「てっぱん」=NHK
「歌の力」を全国に=「紅白歌合戦」の曲目決まる
朝ドラ、午前8時放送を検討=NHK

iTunes利用で不正請求トラブル相次ぐ(読売新聞)
山中に死体遺棄、74歳を逮捕 知人と金銭トラブルか(産経新聞)
除雪機に巻き込まれ死亡=73歳男性、自宅で作業中−山形(時事通信)
<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
異常気象どうして? バンクーバー、雪不足深刻 ワシントン、大雪の原因は?(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-22 18:40

KDDI顧問の伊藤氏を擁立=国際電気通信連合の委員選挙(時事通信)

 総務省は19日、今年10月に行われる国際電気通信連合(ITU)の無線通信規則委員会(RRB)委員選挙にKDDI顧問の伊藤泰彦氏を擁立すると発表した。国際通信分野で日本の発言力向上を目指す。
 RRBは12人の委員で構成し、周波数に関する国際的な紛争処理を扱う。伊藤氏の当選を目指すため、同省は原口一博総務相を本部長とする選挙対策本部を設置した。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定
次官の役割検討、付則に明記=19日に閣議決定
副大臣、首相指名の起用可能に=内閣人事局長、人選見直しも
「検察の裏金」調査する=行政評価使い、けん制球?

消費税 「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差(毎日新聞)
【党首討論】資金提供問題、実母には改めて聞かないと鳩山首相(産経新聞)
取り調べ全面可視化の意向=地検に機材など協力要請−歩道橋事故で検察官役弁護士(時事通信)
【ゆうゆうLife】診療報酬22年度改定 手術料引き上げ 病院収入底上げ(産経新聞)
【Web】SNSユーザー狙うスパムメール急増(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-21 14:28

平塚で男性撃たれ死亡 撃った組幹部の男が出頭(産経新聞)

 17日午後5時35分ごろ、神奈川県平塚市横内のアパートの一室で、男が銃を発砲し、室内にいた男性(44)が胸を撃たれた。男性は病院に搬送されたが、死亡した。

 神奈川県警によると、撃った男は一時、車で逃走していたが、午後7時過ぎに平塚署に車で出頭。同署は殺人容疑で指定暴力団稲川会系組幹部の男(43)を逮捕する。

 県警によると、男性は現場のアパートで男と交際している女性らから、男との交際について相談を受けていたところ、男が訪れ男性を撃ったという。県警で詳しい経緯を調べている。

【関連記事】
車内で男性が拳銃自殺? 身元確認急ぐ 東京・足立
“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分
拳銃使用の強盗容疑で会社員の男2人を逮捕
消費者金融発砲事件 強殺未遂容疑で2人逮捕
押し入れから拳銃と実弾 銃刀法違反容疑で暴力団会長らを逮捕

授業料滞納世帯に無利子貸し付け=高校生の今春卒業を支援−厚労省(時事通信)
中2男子、同級生ら4人に暴行され重体…兵庫(読売新聞)
普天間、5月までに結論=米上院太平洋小委員長に説明−岡田外相(時事通信)
首相動静(2月17日)(時事通信)
日弁連会長選、再投票は来月10日(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-20 04:14

クルーズ船 世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)

 世界最大級のクルーズ船「クイーン・メリー2」(英国船籍、乗客約2600人)が17日朝、長崎市に寄港した。昨年3月以来2回目の日本寄港で、長崎は初めて。

【写真特集】クイーン・メリー2:豪華客船の船内を公開 09年3月

 米国キュナード・ライン社が運航し、1月4日に米ニューヨークを出て102日間の世界一周中。上海から到着した。総トン数約15万トン、全長345メートル。水面からの高さは20階建てビルに相当する約62メートルで、長崎港入口に架かる女神大橋(けた下高65メートル)下をすれすれでくぐり、出迎えた市民らはその巨大さに圧倒されていた。

 ランタンフェスティバルを開催中の市街地を観光し、午後6時に横浜港に向けて出港する予定。【蒲原明佳】

【関連ニュース】
【写真特集】豪華客船:「クイーン・ビクトリア」長崎寄港 日本初 09年3月
【写真特集】豪華客船:イタリアの「コスタアレグラ」 東京・晴海ふ頭に初入港 08年6月
<ニュースがわかる>港にはいろいろな顔と役割がある 豪華客船寄港日本1は?
長崎ランタンフェス開幕:新地中華街などに1万5000個の明かり 龍馬のオブジェも

石川議員、離党が望ましいと仙谷行政刷新相(読売新聞)
ラッシュ時に3割運休 脱輪で京王線(産経新聞)
表皮水疱症患者ら、ガーゼ代援助求める意見書(産経新聞)
大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官(時事通信)
迷惑鉄ちゃん 「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-19 03:57

<五輪スピード>窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪第4日の15日(日本時間16日)、日本勢は今大会初のメダルを一挙に二つ獲得した。バンクーバー近郊リッチモンドの「五輪オーバル」であったスピードスケート男子五百メートルで、長島圭一郎(27)=日本電産サンキョー=が銀、加藤条治(25)=同=が銅メダルを取った。02年ソルトレークシティー大会まで6大会連続でメダルを手にした得意種目での復活をアピールした。

 ◇不況で細る冬季スポーツ

 日本選手団長でもある橋本聖子・日本スケート連盟会長は目を潤ませた。「モーグル(女子)でメダルを逃し、男子五百メートルで取れなかったら、どうしようという思いはあった」。往年の名スケーターの喜び、いかばかりか。「これで(日本選手団全体が)勢いに乗ってくれると思う」

 84年サラエボ五輪の北沢欣浩(よしひろ)の銀メダルから、6大会連続でメダルを獲得してきた男子五百メートル。98年長野五輪では清水宏保が地元で金メダルも勝ち取った。日本の冬季競技を支えてきた大きな柱の一つがスピードスケートの男子短距離だった。

 しかし、前回06年トリノ五輪では男子五百メートルのみならず、スピードスケート全体でメダルゼロの屈辱を味わった。さらにバブル崩壊から現在の金融危機まで続く、長い不況の影響で、五輪メダリストを輩出した王子製紙やコクドなどの名門チームが相次いで消えた。選手たちの受け入れ先は先細りし、競技環境は悪化した。

 このうえにバンクーバーでも敗れれば、注目度は低くなり、さらなる負のスパイラルに陥る。日本代表チームの今村俊明監督は言った。「バンクーバーが正念場になる」

 長島と加藤が所属する日本電産サンキョーはスケートへの理解が深い企業だ。それでも不況の影響は逃れ得ず、2人も今年度上半期には賃金カットを受けていた。選手たちは「競技を続けられるか」との危機感を抱きながら、五輪の舞台にやってきていた。

 乾坤一擲(けんこんいってき)の大勝負だった。18年ぶりに1種目2メダルを獲得した長島と加藤の滑りは、日本スケート界、ひいては低迷が続く日本の冬季スポーツ界を窮地から救えるかもしれない。【飯山太郎】

【関連ニュース】
五輪スピード:「静と動」切磋琢磨…長島、加藤選手
五輪フィギュア:夢追う姿勢に観客共感…ペアの川口選手
バンクーバー五輪:整氷車、聖火台が故障…トラブル続き
五輪スピード:「育ての親」見守る 穂積、石沢選手
五輪スピード:長島、1回目6位から大逆転…「一番熱い」

マンション計画 芦屋市が不認定 景観地区指定自治体で初(毎日新聞)
アスベスト製品、禁止徹底を通知 厚労省(産経新聞)
法科大学院の合格者ゼロ 姫路獨協大、募集停止を検討(産経新聞)
電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)
陸山会事件、首相「小沢氏さらに説明を」(読売新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-18 03:55

【from Editor】骨折で済むうちはまだいい(産経新聞)

 先月末、骨折した。長年愛用しているオフロード用の自転車で自宅近くを走っていて転倒、左足の親指が折れてギプス生活が続いている。低い縁石でいつもなら何の苦もなく乗り越えてしまう場所のはずだったが、普段の運動不足や飲み過ぎがたたったのだろう。気が付くと地面が目の前にあった。

 ただ、不思議なのは、その瞬間は激痛だったが夜中に内出血で指全体が黒ずんで腫れるまで、さしたる痛みも感じなかったことだ。翌日になって救急医に「複雑骨折」と告げられるまで骨折という実感はあまりなかった。高校時代に手首を骨折したときも、同じような経験をした記憶がある。

 スキーで大腿(だいたい)骨を折ったことのある友人によると、激痛が続くと身体の方が勝手に痛みの記憶を消すことがあるかもしれないとか。眉唾(まゆつば)だが、10年以上前に胸の中に腫瘍(しゅよう)ができる「縦隔内腫瘍」の手術で胸骨を縦割りにしたときも、ずっと続くと思っていた術後の痛みが2、3日後にふっと消えてしまった経験をした。そう考えると人間の身体っていうのはつくづく不思議なものだと思う。

 ただ、身体には痛みの記憶を忘れる仕組みがあっても、頭の中の記憶となると話が違う。釣った魚の大きさから馬券の的中に至るまで、およそ頭の中に強烈に刷り込まれたものは、忘れようにも忘れられない。それどころか釣った魚は記憶の中では膨らんでいくし、3連単が的中したときのゴール前のシーンは今でもよく思いだす。

 政局も同じだ。不起訴になり幹事長続投を表明したところで、小沢一郎氏を取り巻く膨大な政治資金の「疑惑の山」の記憶が消失するわけではない。「すべて公表してきた」と自らが語ってきた“透明性”も、現・元秘書3人の逮捕・起訴によって、もう説得力も何もなくなっている。

 疑惑は小沢氏だけではない。そもそも国民の義務である納税を怠り、発覚して慌てて贈与税を支払った鳩山由紀夫首相の行為に対しても、国民には強い怒りが残っているし、小沢問題で石川知裕衆院議員の離党で幕引きを図ろうとしても、疑惑は膨らむばかりだ。

 そう考えると、数字は正直だと思う。世論調査で7割もの国民が小沢氏の幹事長辞任を求め、民主党が自浄能力を失ったことも国民はとうに見抜いている。骨折は1カ月程度で全治するらしいが、政治の信認喪失は決定的である。ましてその渦中に幹事長、首相がいれば、なおさらである。(編集長 鶴田東洋彦)

風速31メートル 雪道そろり 佐渡(産経新聞)
<放火>アパート放火で36歳の男を緊急逮捕 愛知県豊田市(毎日新聞)
沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
エストニア首相、札幌のスキー・マラソン出場(読売新聞)
バンクーバー五輪、肥大化 「エコ」に逆行(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-17 04:35