<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

<宮崎市長選>元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選(毎日新聞)

 宮崎市長 元旧佐土原町長の戸敷正氏(57)が初当選。前市議の斉藤了介氏(43)▽元県議の由利英治氏(60)を破る。投票率は48.15%。

 確定投票数次の通り。

当81951 戸敷  正

=無新<1>

 48739 斉藤 了介

=無新[民][公]

 10892 由利 英治

=無新

移設反対の稲嶺氏が当確=辺野古案、実施困難に−名護市長選(時事通信)
普天間「残り4か月で決着」シナリオに暗雲(読売新聞)
有志勉強会参加は「当然」=階政務官が答弁(時事通信)
<篠山紀信氏>公然わいせつ容疑で書類送検 路上で裸体撮影(毎日新聞)
介護施設でのターミナル、ケアマネが意見調整の中心に(医療介護CBニュース)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-31 19:12

皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換−マウスで成功・米大学(時事通信)

 マウスの皮膚細胞に3種類の遺伝子を導入し、神経細胞に直接変えることに成功したと、米スタンフォード大の研究チームが28日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。ヒトでも試みており、成功して安全性が確保されれば、パーキンソン病やアルツハイマー病などのメカニズム解明に役立つほか、再生医療に応用できる可能性もあると期待される。
 山中伸弥京都大教授らは、マウスやヒトの皮膚細胞へ3、4種類の遺伝子を導入し、身体のあらゆる細胞に変わる万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」に変えてから、神経細胞に分化させていた。今回の方法は、iPS細胞を経由するより早く、効率良く神経細胞を作れるほか、iPS細胞のように多様な細胞に変わったり、盛んに増殖したりする能力がないため、がん化のリスクが少ない利点があるという。
 身体の体細胞を遺伝子導入で別種の体細胞に変える研究は、米ハーバード大チームが昨年、膵臓(すいぞう)で消化液を分泌する外分泌細胞を、インスリンを出すベータ細胞に変えることにマウスで成功した例などがある。
 スタンフォード大チームは、マウスの胎児や、成体の尾の皮膚から採取した線維芽(せんいが)細胞に、「Ascl1」と「Brn2」、「Myt1l」の計3種類の遺伝子をレンチウイルスを使って導入。神経細胞に変え、「誘導神経(iN)細胞」と名付けた。試験管内で、iN細胞同士がシナプスでつながり、機能することも確認した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進

西武有楽町店、閉鎖へ=年内にも(時事通信)
民主、参院選公認は来月に 捜査波紋…「複数」二の足(産経新聞)
元教職員側、逆転敗訴 国旗・国歌訴訟 職務命令は合憲(産経新聞)
<転落?>後藤真希さんの母親死亡 東京・江戸川区の自宅で(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-30 04:01

「大黒の芝」記載、平城宮跡と認識の史料(読売新聞)

 奈良県大和郡山市城内町の柳沢文庫で、平城遷都1300年祭にちなんだ新春企画展「明治30年代〜大正期の平城宮跡保存運動」が開かれている。

 「大黒の芝」と呼ばれた宮跡の基壇跡について、1900年(明治33年)に県技師の関野貞が大極殿跡と確認したのが保存運動の始まりとされ、大正期までの保存運動に関する文書を公開している。

 江戸末期の土地台帳には、「大黒殿」「大こくでん」などの地名が多数記載。第2次大極殿跡の大黒の芝が描かれている明治初期の1876年の絵図や、大黒の芝を村の共有地とした1878年の史料など計67点が展示されている。

 藤本仁文・学芸員は「当時の住民は芝地を平城宮の遺構と認識していたと思われる。共有して残すことが、後の保存運動の前提となった」と話している。

 このほか、100年前の平城遷都1200年に行われた記念祭の様子が書かれた日記や、1913年に東京で設立された「奈良大極殿址保存会」の設立趣意書なども出展されている。

 3月21日まで。休館日は25日、2月1日、3月15日。入館料は一般200円、学生100円。70歳以上や中学生以下は無料。問い合わせは柳沢文庫(0743・58・2171)。

「女性埋めた」と男が出頭=京都府内で捜索−兵庫県警(時事通信)
首相動静(1月19日)(時事通信)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
<加湿器>中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-28 21:29

首相と自民総裁が直接対決へ=21日から衆院予算委(時事通信)

 民主、自民両党は20日午後、衆院予算委員会の筆頭理事による協議を行い、2009年度第2次補正予算案について、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席する基本的質疑を21、22両日、総括質疑を25日に実施することで合意した。
 自民党は谷垣禎一総裁が質問一番手に立つ。谷垣氏は、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題を徹底追及する方針で、与野党の論戦が「党首対決」により本格化する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

喜多方市長選 山口信也氏が初当選(毎日新聞)
意見公募に272件 改訂常用漢字(産経新聞)
<窃盗>高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件(医療介護CBニュース)
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-27 11:37

ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)

 脳や神経を持たない単細胞生物の粘菌がつくるネットワークをもとに、人間社会の交通網や情報ネットワークの最適化にもつながる理論モデルを構築することに、手老(てろう)篤史・科学技術振興機構研究員らの研究グループが成功した。22日発行の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 研究グループの手老研究員や中垣俊之・北海道大准教授、小林亮・広島大大学院教授らは、「迷路を解く粘菌」の研究で、2008年に「イグ・ノーベル賞」を受賞している。

 実験に使ったのは、「モジホコリ」という真正粘菌。複数のエサを見つけたときに形成する栄養輸送ネットワークに着目し、輸送効率や迂回(うかい)ルートなどの機能を解析した。関東地方に見立てた寒天の主要駅に相当する場所にエサを配置し、粘菌をはわせたところ、JR東海道線など現実の鉄道網を、ほぼ再現するケースもあった。

 実験を重ねてネットワーク形成の“粘菌理論”を導き、コンピューターのシミュレーションで機能を検証した結果、現実の鉄道網よりも効率的で、事故などのリスクにも強いネットワークを見いだすことができたという。手老研究員は「理論の精度を上げ、インフラ整備などに生かせるようにしたい」と話している。

「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
まもなく引退!「500系のぞみ」ラストラン・ツアー登場(産経新聞)
<小沢幹事長>午後、事情聴取 検察側、関与など説明求める(毎日新聞)
法相、「捜査は公平公正」=小沢氏団体事件で閣僚発言(時事通信)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-26 01:29

「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花−警察庁長官(時事通信)

 警察庁の安藤隆春長官は20日、島根県立大1年平岡都さん(19)の遺体遺棄事件の捜査本部が置かれた県警浜田署を激励に訪れた。約80人の捜査員を前に「多くの国民に計り知れない不安を与えている重大事件で、日本の将来の治安にも影響を与えかねないと認識すべきだ」と訓示。「必ず解決するという強い使命感と一致団結がカギを握っている。強い思いがあれば必ず道が開ける」と力を込めた。
 安藤長官はヘリコプターで遺体が発見された広島県北広島町の臥竜山なども視察。最後に、県立大で平岡さんの写真に献花し、黙とうした。 

【関連ニュース】
女子大生遺棄でフリーダイヤル=情報提供呼び掛け
遺体にポリ袋付着=文字やマーク、電話帳配布用か
遺留品の捜索打ち切り=女子大生遺棄事件で
靴発見、手掛かりと注目=トラブルなく捜査難航
靴、最近置かれた可能性=前日、付近で不審車目撃

【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
自衛隊、21日にハイチへ出発(時事通信)
<ゆるキャラ>香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)
<長崎・漁船不明>海底の船の映像、不明者家族らに公開(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-25 02:15

聴取への対応「小沢氏の判断」=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じる方針を固めたことについて「(聴取を)受けるか受けないかという話は、小沢幹事長ご自身が判断されることだ」と述べた。
 首相は「(この件で)私の方に小沢幹事長からは連絡はありません」とも語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

名古屋中央卸売市場で火災、事務所の男性重体(読売新聞)
新素材 98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発(毎日新聞)
駅で女子高生を盗撮容疑、JRの運転士逮捕(読売新聞)
<TBS>不適切取材 車に無断で発信機も(毎日新聞)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-23 13:55

<荷崩れ>トレーラーの生サバ、路上に散乱 大分自動車道(毎日新聞)

 18日午前8時45分ごろ、大分県別府市の大分自動車道下り線・別府インターチェンジ(IC)付近で、貨物トレーラーが走行中に荷崩れを起こし、積んでいた箱(幅、奥行き、高さ各1.5メートル)14個が片側2車線の路上に落下、中の生サバが一面に散乱した。トレーラーはその後、前方を走っていたトラックに追突したが、けが人などはいなかった。

 県警高速隊などによると、荷崩れの原因は、トレーラーの運転手が前方の道路わきで工事をしていたのに気付き、急ハンドルを切ったためらしい。

 大分道の湯布院−別府間などが一時通行止めとなり、業者らがサバを回収した。【梅山崇】

【関連ニュース】
唐津道路:一般道と勘違いし「赤切符」 佐賀県警
日豊線:貨物列車が脱線、佐伯−延岡で運転見合わせ…宮崎
寒気:九州・山口全域で雪 交通に乱れ
濃霧:九州・山口で観測 交通機関に乱れ
トロッコ列車:北九州市の門司港レトロ地区で試運転

マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携−阪神大震災経験教訓に(時事通信)
<米アラスカ湾>20年前の原油残存 タンカー座礁で流出(毎日新聞)
外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を−石原都知事(時事通信)
<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)
廃止したのに…年金振り込み元が「社保庁」に(読売新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-22 19:47

NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)

 NTT西日本の子会社社員が顧客情報を漏えいした問題で、総務省は15日、NTT西に対し業務改善命令を出すと発表した。NTTグループに対する改善命令は初めて。
 同省によると、兵庫、石川両県それぞれのNTT西の子会社社員が昨年、業務で入手した競合他社の非対称デジタル加入者線(ADSL)顧客情報などを自社の販売代理店に不正に提供した。
 通信業界で独占的な地位にあるNTTは、自社の通信回線を競合他社の求めに応じ貸与している。電気通信事業法は、公正な競争条件を確保するため、貸与の際に入手した情報をほかの用途に利用することを禁じている。
 同省はまた、情報管理体制の不備により同様の問題が起こり得るとして、NTT東日本に対し行政指導を行う方針。 

【関連ニュース】
接続料算定方法見直しを=通信事業者が総務省に要望
朝日火災とヤマト運輸に行政処分=運送保険を違法募集
解約手続きミスで過大・過小請求=NTT東、1万2000人に
極めて悪質な事件=NTT西の顧客情報漏えいで

あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
複数年度予算で有識者検討会=財政再建目標も議論−国家戦略室(時事通信)
別府のアパートで火災、住宅など10棟以上焼く(読売新聞)
デビュー31年、還暦前の栄冠…直木賞・佐々木さん(読売新聞)
「小沢氏、幹事長とどまれば批判起こる」前政権お膝元の福岡県知事(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-21 22:29

民主「怖い小沢問題」語らず…渡部氏だけ悪代官呼ばわり(スポーツ報知)

 鳩山内閣が初の予算審議に臨む第174通常国会が18日、召集された。民主党の小沢一郎幹事長(67)の資金管理団体の土地購入をめぐり、元秘書の衆院議員・石川知裕容疑者(36)らが逮捕された直後で大荒れが予想される。鳩山首相は党内の結束を呼びかけたが、前党最高顧問の渡部恒三衆院議員(77)は、小沢氏を悪代官呼ばわりし、沈黙する党議員にダメ出しした。
「親・小沢」で結束する民主党議員への怒りで、渡部恒三氏は声を荒らげた。「思ったことを言えないのは…徳川(江戸)時代だって、言ってたじゃねえがよ! 農家も『こんな悪代官のもとでは生きていけない』と」。18日午前の代議士会後に取材に応じ、コウゾー節で切り裂いた。

 自民党時代は「竹下派七奉行」を形成した盟友で、小沢氏を「いっちゃん」と呼ぶ間柄。小沢批判が出ないことに警鐘を鳴らす。「ロッキードの時もリクルートの時も佐川急便の時も、若い諸君(議員)が活発な意見を言ってしかられたもんだ」。

 恒三氏の指摘通り、党議員は相変わらず口にチャック。小沢ガールズやチルドレンはもちろん、かつてはメッタ斬りさせれば右に出る者はいなかった田中真紀子氏も「(国会では)まず予算を通すことと、懸案の諸政策の審議を速やかにすること。ほかのこと(小沢問題)については、それはそれとして、国会が機能することがベスト。以上です」と言ったきり、早歩きで「話せない」を連発。

 チルドレンの中でほとんど唯一、横粂勝仁氏が口を開いた。弁護士である同氏は、現時点での説明責任は果たしているとした上で「現状では国民が納得するのは難しい。説明責任は順次発生する。身の潔白を説明している幹事長自身が(今後も)真摯(しんし)に説明していくと期待しております」と答えた。

 【関連記事】
小沢氏「国民必ず理解」幹事長続投の決意示す
内閣不支持が初めて支持を上回る…共同通信社世論調査
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い
小沢幹事長「お騒がせして大変恐縮」

NHKのエスカレーターで転倒、中学生8人軽傷(読売新聞)
北半球中緯度域、異常低温に=寒気の流れ込みで−気象庁(時事通信)
鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
東京・新橋で火事 15棟延焼中(産経新聞)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-01-21 04:50