カテゴリ:未分類( 74 )

【菅登板】「枝野幹事長」で側近と溝 組閣前に内紛の兆し(産経新聞)

 菅直人新首相の人事構想がほぼ固まったが、新政権にどろどろとした内紛の兆しが見え始めた。焦点は枝野幸男行政刷新担当相の幹事長抜擢(ばってき)。菅氏にとって、小沢一郎幹事長の影響力排除を内外に示すための目玉人事だが、意外なことに反発したのは菅氏の側近たちだった。8日の組閣を前に新首相は早くもジレンマを抱えてしまった。(船津寛)

 「選挙の顔として戦う意味でふさわしい」

 菅氏は5日夜、首相官邸で記者団に枝野氏の起用について、こう胸を張った。だが、決定までは紆余(うよ)曲折の連続だった。

 5日午前、民主党本部8階の党代表室。菅氏は荒井聡、土肥隆一、平岡秀夫、笹木竜三の4衆院議員と向き合った。4人は野党時代から「いつか菅氏を首相に」と支えてきた側近中の側近だが、「枝野幹事長」に反対だった。

 「あなたたちの言いたいことは分かるが、私に任せてくれ」

 4人の顔を見るなり菅氏はこう切り出し、譲ろうとはしなかった。

 今回の党代表選で真っ先に「菅氏支持」を打ち出した枝野氏だが、菅氏とは微妙な関係が続いてきた。

 平成16年4月、党代表だった菅氏に年金未納の疑いが浮上した。菅氏は未納だった3閣僚を「未納3兄弟」と名付け、批判の急先鋒(せんぽう)に立っていただけにダメージは深刻だった。この時、枝野氏は菅氏に政調会長に抜擢されたにもかかわらず、「きちっと説明できないようならば代表をお辞めになるべきだ」と傷口に塩を塗り込んだのだ。

 4人はこれを忘れていない。まして枝野氏は菅氏のライバルである前原誠司国土交通相系の議員グループに名を連ねる。「本当に菅氏を守ってくれるのか」との疑念はぬぐい去れない。

 しかも荒井氏は4日、海江田万里選対委員長代理に「党をまとめるために受けてほしい」と幹事長就任を打診していた。菅氏の指示があったかどうかは定かでないが、「枝野幹事長」では荒井氏の立場がなくなるという事情もあった。

 副総理・官房長官に決まった仙谷由人氏も、菅氏が再選を目指した平成14年の党代表選で鳩山由紀夫氏の擁立に動いた「4人組」の一人だ。菅氏のシンパとは言い難く、「女房役が務まるのか」との声がある。

 「脱小沢」をアピールするならば、枝野、仙谷両氏の重用は不可欠だ。ただ、両氏に感情的なしこりを抱える側近議員も無視できない。党代表に選出され、「ノーサイド」を宣言した菅氏だったが、足元はすでにきしみ始めた。

 一方、菅氏が排除を試みる小沢氏は5日、沈黙を保った。ただ、小沢氏は4日夜の側近議員との会合で 「本番は9月だ」と意味深な言葉を残している。

 9月には党代表選が予定されている。すでに小沢氏はそこに焦点を定め動き出しており、今回の枝野氏ら反小沢勢力の抜擢には沈黙を貫く考えのようだ。

 ただ、露骨な小沢批判は看過できない。小沢系議員はこう牽制(けんせい)した。

 「人事で小沢系が完全に干されたら9月は党分裂含みだ。小沢さんが党を出ていく可能性だってある…」

【関連記事】
小沢氏との引き継ぎで枝野氏「遠からずご挨拶」
岡田外相ら11閣僚再任へ 主要人事固まる
本気か冗談か…緊張感なく鳩山首相ギャグ連発
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
“反、脱”小沢の流れ加速も「樽床氏の129票無視できぬ」

<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
三菱重工、焼却炉談合で和解=20億9000万円支払い―名古屋高裁(時事通信)
たちあがれ、公認1人取り消し(産経新聞)
施術装い下半身触る=整体師の男を逮捕―神奈川県警(時事通信)
宮崎・都城でも口蹄疫症状確認(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-06-11 22:50

強制殺処分は立法必要=口蹄疫対策で―鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は26日の参院本会議で宮崎県で被害が拡大している口蹄(こうてい)疫の対策に関連し、「強制の殺処分などについてはやはり立法措置が必要だろう」と述べ、特別措置法の今国会成立を目指す各党との連携に前向きな姿勢を示した。渡辺孝男氏(公明)への答弁。
 家畜伝染病予防法は、口蹄疫に感染した家畜と感染疑いの家畜を殺すことをその所有者に義務付けているが、ワクチンを投与した後の殺処分までは強制できない。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
社民との連立「維持される」=首相

<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
岡本倶楽部 系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
司令塔不在で迷走=辺野古回帰の舞台裏―普天間移設☆2(時事通信)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
<不同意堕胎>小林容疑者「結婚控えて流産させた」(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-06-02 00:33

子ども手当、自治体の95%が「6月支給」(読売新聞)

 「子ども手当」の地方自治体の準備状況を読売新聞社が調査したところ、全国1750市区町村の95%で6月支給に間に合う見通しである一方、「間に合わない可能性がある」とした自治体が、堺、岡山、広島、和歌山の各市など86市区町村あることが分かった。

 また、外国人への支給を巡り、混乱が起きている実態も浮き彫りになった。

 調査は今月6〜20日、東京23区を含む全国1750市区町村の担当者らに実施した。

 4月に施行された子ども手当法では、中学生以下の子どもを持つ世帯に子ども1人当たり月額1万3000円を6月、10月、2月に支給するとしていて、全市区町村が同法に従い6月中に支給日を設けた。最も早い6月1日を支給日としているのは、北海道仁木町や富山県朝日町など1道2県の7町村。10日に支給するとした自治体が最も多く、さいたま、京都、福岡市など971市区町村で、全体の55%を占めている。

 6月支給の可否を尋ねたのに対しては、全体の5%に当たる86市区町村が「間に合わない・間に合わない可能性がある」とした。申請処理システム構築の遅れなどが理由。堺市は、父母らからの申請受け付けの締め切り日を設けておらず、「書類不備などで審査が遅れれば、間に合わない場合もある」としている。

 一方、外国人の子どもへの支給を巡り窓口などで混乱があったと答えたのは兵庫県尼崎市や東京都葛飾区など51市区町村。厚生労働省が同法成立後に、野党などからの指摘を受けて外国人への支給要件の厳格化を通知したため、支給の可否の判断基準が定まっていないためだ。「養子縁組でタイに554人の子どもがいる」との申請に、自治体が厚労省に問い合わせ、不受理とした事例もあった。

<築地市場移転>都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴(毎日新聞)
「金魚検定」博士いまだゼロ、修士・学士も新設(読売新聞)
社民党首、「首相発言」で決定に反対=普天間移設の政府方針(時事通信)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)
東京・秋葉原の歩行者天国、7月中旬にも復活へ(読売新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-05-26 22:29

カメルーンから覚せい剤密輸図る=ドイツ人男逮捕―成田空港(時事通信)

 二重底にしたスーツケースに覚せい剤を隠し密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と千葉県警成田国際空港署などは14日までに、関税法違反と覚せい剤取締法違反の容疑で、ドイツ人の自称貿易商クーノット・クラウス・ハンス・ハインリッヒ容疑者(78)=両罪で起訴=を逮捕した。同支署によると、カメルーンから同空港への薬物持ち込みは記録のある1995年以降初という。
 逮捕容疑は、カメルーンからインドなどを経由し4月24日に成田空港に到着した際、二つの袋に入れた覚せい剤約2.9キロ(末端価格約2億7000万円)を二重底にしたスーツケースに隠して持ち込もうとした疑い。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
JAYWALK中村被告に有罪=「覚せい剤依存明らか」
大麻所持でミュージシャン実刑=「YOU THE ROCK★」
取調室の机に覚せい剤隠す=10カ月後に発見、男を逮捕

「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
介護タクシー違法営業の男逮捕 「ローン返済するため」(産経新聞)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-05-17 18:32

愛知女子高生殺害 発生から2年 県警は不審者掘り起こし(毎日新聞)

 愛知県豊田市の女子高生殺害事件は2日で発生から2年を迎えた。事件当時、現場周辺の不審者情報を各自治体が共有できなかった反省などを踏まえ、県警や教育委員会は、子どもや女性を狙った犯罪抑止に向けて情報の掘り起こしなどに取り組んでいる。また県警は新たに声かけ行為などへの指導や警告を実施し、09年度の性犯罪認知件数が前年度比で約2割減るなど効果も出始めている。【山口知、沢田勇】

【女子高生殺害】告別式で…「戻ってきて」友人ら悲しみの別れ

 ◇県警が「子ども・女性被害防止対策室」設置

 県警は09年4月に「子ども・女性被害防止対策室」を設置し、声かけやつきまといなどを性犯罪の前兆的事案と定義。絵本仕立ての防犯冊子2万5000冊を作成・配布▽名古屋市で防犯セミナーを2回開催−−するなどして積極的な通報を市民に呼びかけた。

 その結果、同事案の09年度認知件数は前年度比2.5倍の約2600件に急増。指導・警告は、2月に春日井市の公園で女子児童が無職男性に声をかけられた事案など187件に上った。また同室の活動で逮捕・補導されたのは、1月にJR名古屋駅で飲食店店員の男が女子高生のスカートをハサミで切って器物損壊容疑で逮捕された事件など138件。取り組みの結果、県全体の子どもや女性を対象にした強制わいせつなど性犯罪の認知件数は、08年度の728件に対して09年度は592件に減った。

 ◇不審者情報、基準設け全県伝達

 一方、県教委は事件当時、現場周辺の不審者情報が自治体間で共有されなかったことや、不審者が車などで移動している場合は広域的な対応が必要なことを踏まえ、08年7月に不審者情報の提供システムを改正した。

 以前は現場の市町村教委から県へ報告すべき「緊急情報」に明確な基準はなかったが、(1)不審者が児童生徒の体に触れた(2)刃物を所持−−などの基準を設けたうえ、県から近隣市町村にだけ伝えていた情報を全県に拡大。さらに緊急情報以外も、これまで現場の市町村から管内と近隣の公立小中学校だけに伝わっていた情報をすべての学校に伝えることにした。

 各市町村教委に09年度に寄せられた不審者情報は1280件。このうち「いきなり殴られた」「自転車に乗っていたら引き倒された」など19件が緊急情報として、県教委を通じ県内の全学校に提供された。

 県教委健康学習課は「一歩間違えば豊田の事件のような被害が出てもおかしくない。不審者情報は積極的に情報提供していきたい」と話している。

 ◇ことば・豊田女子高生殺害事件

 08年5月2日、愛知教育大付属高校1年、清水愛美(まなみ)さん(当時15歳)が下校途中に行方不明になり、翌3日早朝、自宅近くの豊田市生駒町の田で遺体で見つかった。事件は犯人逮捕につながる有力情報の提供者に上限300万円を支払う公費懸賞金制度の対象に指定されている。

【関連ニュース】
【女子高生殺害】「愛美以上にがんばるから」…現場に置かれた同級生の寄せ書き
【女子高生殺害】現場から運び出される清水さんの自転車
【女子高生殺害】遺体が発見された現場付近に供えられた花束
<特集>忘れない「未解決」を歩く

<水俣病>救済対象2500人 最終提訴(毎日新聞)
児童ポルノ誘導サイトも「有害」、削除要請へ(読売新聞)
<結婚>スピードスケート「銀」の長島選手 09年春に(毎日新聞)
<訃報>中林増美さん83歳=元全日本不動産協会理事長(毎日新聞)
体が臭くて香水盗む(スポーツ報知)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-05-06 10:29

初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)

 国民健康保険中央会は4月19日、同会の「総合医体制整備に関する研究会」(委員長=水野肇・医事評論家)の報告書を公表した。日本の医師の育成が「臓器別の専門医」に偏重しており、体の不調を感じた地域住民がすぐに大病院を受診したり、複数の医療機関をはしご受診したりする問題があると指摘。幅広い症状に対応でき、初期診療を担う「総合医」を育成・普及して、地域住民が最初に受診するかかりつけ医をあらかじめ決めておくことで、こうした問題の解決を図ることが期待されると提言している。

 報告書では、総合医に求められる役割を、▽地域住民によく見られる症状に幅広く対応する▽初期診療に対応し、ほかの専門的な医療機関などを適切に紹介する▽住民・患者と継続的な関係を保つ▽住民・患者の疾病予防や健康づくりを行う―の4つに整理。その上で、地域住民一人一人が最初に受診する総合医をあらかじめ決めておき、ほかの専門医を受診したり、病院に入院したりする場合にはその医師の紹介が必要となる受診行動のイメージを提示した。こうした体制が構築できれば、診療所と病院の連携不足や、病院勤務医の過重労働などの問題を解決できるとの見通しを示している。

 総合医の育成に関しては、専門医の一つとして総合医を位置付け、初期臨床研修後の専門研修で「総合医コース」を選択できる教育・研修システムを早急に確立することを提案。研修に際しては、「医師だけでなくコメディカル、地域の人たち、医療の利用者など多くの人々の協力のもとに実施されることが望ましい」などとしている。


【関連記事】
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会
医学教育などで新政権に要望書提出へ―医学部長会議
総合医認定制度の早期創設を
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会

プラダの元部長、「セクハラ指摘で解雇」と民事訴訟へ(産経新聞)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
「生徒指導提要」30年ぶり抜本改定 「ネットいじめ」「虐待問題」対応(産経新聞)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)
<器物損壊容疑>また教会に消火器 関西で50件以上発生(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-04-24 03:45

地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)

 青森地裁と地裁弘前支部の男性執行官2人が、それぞれの職場の様子を小型カメラで撮影し、互いに映像を確認していたことが14日、わかった。

 2人は地裁の調査に対し、「職場の事務職員に緊張感を持って仕事してもらうため」と説明しているが、地裁は「不適切な行為」として処分する方針。

 地裁などによると、2人は少なくとも1年前から周囲に無断でカメラを設置し、職場全体が映るような映像を常時撮影。双方で確認できるように設定していた。今年3月下旬、職場に勤務する事務職員がパソコンに映し出されていた画像に気づき、地裁に申し立てた。

 2人は調査に対して、「一部の事務職員の働きぶりに不満があった。カメラを向ければ、緊張感を持ってもらえると思った」などと理由を説明。ただ、「映像を録画したり、常時確認したりはしてない。監視する意図もなかった」と釈明している。

 地裁総務課は「短絡的で浅はかな行為。関係者に不快感を抱かせたことは遺憾」と話している。

 執行官は、競売が申し立てられた不動産の調査などを担当する地裁職員。

エア・ドゥ機、羽田に引き返し緊急着陸(読売新聞)
板橋区役所の電話不通原因 交換機の処理能力超す(産経新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
「偽札の捜査中」点検するふり、バッグ盗む(読売新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-04-21 12:55

普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)

 【ワシントン=酒井充】訪米中の鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全保障サミットの夕食会でオバマ米大統領との非公式会談に臨み、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「沖縄の負担軽減が日米同盟関係の発展に大変大事だ。オバマ大統領もぜひ協力をお願いしたい」と述べ、5月末までの決着に理解を求めた。具体的な移設先については触れなかった。

 非公式会談は約10分間行われた。夕食会後、首相は記者団に対し、「5月末までに決着するとの思いのもとで努力すると申し上げた」と説明。オバマ大統領の発言については「申し上げるべきではない」と明言を避けた。

【関連記事】
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」
社民、普天間移設でテニアン市長らと意見交換
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
外国人地方参政権問題に一石

立体駐車場4階から車転落、車内の2人重体(読売新聞)
新田次郎賞に菷木蓬生氏ら(時事通信)
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
城主気分、きょうまで…姫路城大天守、大修理へ(読売新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-04-17 10:05

「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は10日、東京・西新宿にある廃校になった校舎を文化活動用に転用した施設を視察した。公共サービスを官民一体で担う「新しい公共」のピーアールの一環。首相は体育館で舞台稽古中の女優の松たか子さんと歓談し、主婦や学生らが演じる殺陣を見学した。
 殺陣師から竹光(たけみつ)を贈られた首相は「わたしは毎日切られています」と言いながら、一振り。帰り際に記者団から「1番切りたいもの」を問われると、「政官業のしがらみを切り捨てていかなくてはいけない」と、政官業の癒着を一刀両断することを約束した。 

<強制わいせつ罪>女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡(毎日新聞)
「勝手に俺の写真撮った」女子高生を連れ去ろうとした男を逮捕 警視庁(産経新聞)
訪日観光促進で新フレーズ=茶道の千玄室氏を親善大使に−観光庁(時事通信)
<情報公開>「行政透明化検討チーム」設置へ 15日初会合(毎日新聞)
<警察庁>警官不祥事に長官「遺憾」(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-04-12 15:23

中小企業にまだ停滞感=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)について「かなり改善の状況は見られることは確かだ。ただ、中小(企業)はまだ少し停滞している感がある」と指摘した。
 その上で「二番底にならないようにしなくてはならない。(大企業と中小で)二極化しているところは、しっかりと注視し、景気回復を優先した取り組みを今後も進めていかなくてはならない」と述べ、2010年度予算を着実に執行していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
大企業製造業の景況感、マイナス14=4期連続改善
デフレ脱却、「政府」に期待=中小企業アンケート
景況感は改善継続の公算=3月短観、1日に公表
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念
デフレ長期化を警戒=亀崎日銀審議委員が講演

サッカーW杯 FIFA公認の世界地図、松山の会社が販売(毎日新聞)
普天間機能、徳之島に移転を=関係閣僚に調整指示−鳩山首相(時事通信)
<視聴率>NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)
自民・園田氏が離党届提出(時事通信)
外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り−知事会(時事通信)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-04-07 04:03