<< 「政治とカネ」で小沢氏擁護=民... 性犯罪の再犯防止はどこまで可能... >>

8億円落下…開発中の無人機、エンジン止まり(読売新聞)

 防衛省は9日、偵察機として開発している無人機(全長5・2メートル、全幅2・5メートル)が硫黄島付近の上空を飛行試験中、トラブルでエンジンが停止したため、洋上に落下させたと発表した。

 同省によると、同日午前9時45分ごろ、硫黄島の北北西155キロの上空で、無人機を母機となるF15戦闘機から切り離したところ、直後にエンジンが停止したため、約5分後、F15の操縦士が付近に船舶がいないことを確認した上で、遠隔操作で無人機を落下させたという。機体は水没した。

 同省は2004年度から無人機を開発しており、今回の機体も含め4機を製造し、昨年12月から試験飛行をしていた。今年度までの開発総経費は約103億円で、機体は1機約8億円に上る。

危険運転致死で同乗者逮捕=4人目ブラジル人出頭−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞)
<SL>「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)
パトカーに追突して逃走、ブラジル国籍の男逮捕(読売新聞)
<将棋>7四歩が焦点に 久保が封じ手 王将戦第3局(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-14 22:17
<< 「政治とカネ」で小沢氏擁護=民... 性犯罪の再犯防止はどこまで可能... >>