<< 「背中を刺された。苦しい」事件... 予防接種法の臨時接種 弱毒性の... >>

雑記帳 「塩竈の藻塩」の携帯ストラップ(毎日新聞)

 宮城県塩釜市で古来製塩法にのっとって作られている「塩竈(しおがま)の藻塩」の結晶を、アクリル樹脂に閉じ込めた携帯ストラップやネックレスが誕生した。その名も「藻塩の雫(しずく)」。

 藻塩を生産する街おこし会社「顔晴(がんば)れ塩竈」の伊藤栄明代表(48)らが、塩作りの過程で偶然に生まれるピラミッド形の結晶を生かそうと考案した新商品だ。

 同じ形の結晶は二つとなく、「オンリーワン」商品であることも魅力。愛らしい姿だが、塩はおはらいやお清めに欠かせないだけに厳粛な気分になりそう。土俵内外の素行が問題の横綱も身に着けた方がいいかも。【渡辺豊】

【関連ニュース】
携帯ストラップ:回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出
石見神楽ストラップ:本物志向、好評 道の駅「ゆうひパーク浜田」限定 /島根
富山大和:「ごうかく」祈って五角形 受験生に、はしやストラップ人気 /富山

遺棄容疑で男を逮捕=井戸の元社長遺体事件−鹿児島県警など(時事通信)
<地域委員選挙>ピンチ 参加申請3.3% 名古屋(毎日新聞)
清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
結婚への夢、ブログにつづる=大出さん、「旅行に」翌日遺体で発見−連続不審死(時事通信)
平家癒やす灯火 湯西川温泉でかまくらのライトアップ(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-02-03 06:54
<< 「背中を刺された。苦しい」事件... 予防接種法の臨時接種 弱毒性の... >>