<< 【菅登板】「枝野幹事長」で側近... 子ども手当、自治体の95%が「... >>

強制殺処分は立法必要=口蹄疫対策で―鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は26日の参院本会議で宮崎県で被害が拡大している口蹄(こうてい)疫の対策に関連し、「強制の殺処分などについてはやはり立法措置が必要だろう」と述べ、特別措置法の今国会成立を目指す各党との連携に前向きな姿勢を示した。渡辺孝男氏(公明)への答弁。
 家畜伝染病予防法は、口蹄疫に感染した家畜と感染疑いの家畜を殺すことをその所有者に義務付けているが、ワクチンを投与した後の殺処分までは強制できない。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
社民との連立「維持される」=首相

<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
岡本倶楽部 系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
司令塔不在で迷走=辺野古回帰の舞台裏―普天間移設☆2(時事通信)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
<不同意堕胎>小林容疑者「結婚控えて流産させた」(毎日新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-06-02 00:33
<< 【菅登板】「枝野幹事長」で側近... 子ども手当、自治体の95%が「... >>