<< <粉飾決算>「ニイウスコー」元... 役員年金打ち切り「同意必要」=... >>

イラク戦争、検証が課題=政府答弁書(時事通信)

 政府は19日の閣議で、自公政権がイラク戦争を支持し、陸上・航空両自衛隊を同国に派遣したことについて、「異なる判断もあり得たのではないかとの考えもあり、当時の政府の判断の検証は将来の課題だ」とする答弁書を決定した。赤嶺政賢衆院議員(共産)の質問主意書に答えた。
 イラク戦争に対する小泉内閣以降の一連の対応をめぐっては、岡田克也外相が10日の衆院外務委員会で検証を行う意向を表明している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

眞子さま、佳子さまご卒業(産経新聞)
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも(時事通信)
逮捕のシー・シェパード元船長を拘置延長 東京地裁(産経新聞)
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判−横浜(時事通信)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(3)「逮捕しないと事件終わらない」(産経新聞)
[PR]
by pjsfzxvv7h | 2010-03-24 11:19
<< <粉飾決算>「ニイウスコー」元... 役員年金打ち切り「同意必要」=... >>